美白化粧品はシミに本当はどこまで有効なのか?【まとめ】

美白化粧品はシミに本当はどこまで有効なのか?【まとめ】

女性にとってのシミ

 

女性にとって、シミは人から見える以上に、自分では気になるものですね。

 

だから、シミ退治のためだったら、高い化粧品でも購入してしまうのですが、いつも心の中で、本当のところ、どの程度まで効くんだろうって思ったことはありませんか?

 

今回は、シミの本体であるメラニン中心に、1.シミ、2.そばかす、3.ほくろ、4.紫外線の4つについて、メラニンとの関係をまとめましたので、美白に関心の高いあなたの参考にしてほしいと思います。

 

 

1.シミとメラニンとの関係

消えるシミと消えないシミ

@美白化粧品では、消えるシミと消えないシミがあります。

美白化粧品の美白成分は、メラニン色素の量を減らすように働きかけます。もっと正確に言うと、美白成分は、メラニンの生成を抑えるように働きかるのです。

 

市販されている化粧品に含まれる美白成分のほとんどが、チロシナーゼ抑制効果をねらったものです。

 

チロシナーゼ抑制効果というのは、メラニン色素が作られる時に働くチロシナーゼという酵素を抑制することをねらったものです。

 

美白成分としては、ラセンタエキス、ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、プトラネキサム酸などが一般的です。
ハイドロキノンが含まれてるものは「シミ取り」として有名ですね。ただし、 ハイドロキノンは強い成分のため、取り扱いに注意が必要です。

 

ただ、美白成分として有名でも、濃くはっきりしたシミには効かないのです。

 

理由は、濃くはっきりしたシミは、メラニン色素が過剰になっているだけでなく、メラニン色素自身を作るメラノサイトも増えているのです。

 

美白成分は、できたメラニン色素だけを減らすように働きかけるものなので、メラノサイトの数まで増えているシミには効果がないのです。

 

つまり、濃くはっきりしたシミは、美白成分では消えないのです。この場合は、さっさと皮膚科に相談します。

 

 

 

A美白化粧品は、シミの予防にはおおいに効果を発揮してくれます。

普通のシミでは、初期の見えるか見えないかくらい程度であれば、美白化粧品は有効です。
この場合、肌に合った美白化粧品を予防的に年中使うことで、美白効果が実感できます。
もちろん、シミ対策には美白化粧品だけでなく、夏冬オールシーズンでUV対策も必要ですね。
できたメラニンをターンオーバーで排出してあげるために、ピーリングや、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などで保湿することも大事です。

 

ターンオーバーは、主に睡眠中に血液から栄養を受け取って行われるので、運動をして血行を良くする事や、十分な睡眠を取る事が大切ですよ。

 

ソバカスとメラニン

 

2.ソバカスとメラニンとの関係

厳密には遺伝的なシミのみをソバカスと言うのですが、一般的には小さなシミをソバカスと呼んでいますね。
では、小さなシミ以外のシミは何と言うか?実は、老人性色素斑と言って、日光性黒子とも呼ばれるように、長年の紫外線が主因です。アラフォーくらいになれば、たいていは肌の表面に出てきて慌てるのですが、実はそれよりも大分以前から、メラニンが多量にできていて、今まではターンオーバーが速かったためなんとかなっていたのが、年齢的に遅くなって、お釣りが出てきただけです。

 

だから、ソバカスもシミと同じように美白化粧品で予防することができますし、日中は日焼け止めを塗るなどして紫外線を浴びないよう心がける事も大切です。

 

 

 

3.ほくろとメラニンとの関係

ほくろは、メラニンの大量発生が原因です。
シミのところで話した様に、メラニン色素自身を作るメラノサイトも大量発生していて「根」になっていますので、ほくろだけ取っても再発します。

 

ほくろを取るクリームが確かに海外で販売されておりネットで個人輸入などで入手することは可能ですが、病院でもクリームでのほくろ除去は行なっていない現状では、安全であるとは、とても思えませんので、絶対にやめてください。

 

事前にしっかりカウンセリングを行ってくれる皮膚科や形成外科での除去をオススメしますが、その場合でも、レーザーでは再発の可能性がやや高く、切除では跡が凹むなど傷跡が残るリスクもあります。

 

 

シミと紫外線

4.シミと紫外線の関係

美白化粧品以外にも、日焼け止めは雨や曇りのときでも塗ったほうがいいです。
地上に届く紫外線にはUVAとUVBがあります。
UVAはジワジワと肌の奥(真皮)に到達しシミやシワを作る原因となるうえに、薄曇りでは晴れの日と紫外線量はほぼ同じですし、完全にどんよりと曇っている場合でも晴れの日に比べて60〜80%ほどの紫外線量という様に、あまり減らないので日焼け止めを塗った方がいいです。

 

ただ、雨の日の紫外線量は、晴れの日の20%ほどなので、数分程度外に出るくらいなら日焼け止めをつけなくても大丈夫ですが、心配ならば日焼け止めをつけておくと安心です。

 

以上、美白化粧品はシミに本当はどこまで有効なのか?【まとめ】 です。

 

シミのないきれいなお肌をいつまでも。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ⇒100均コスメでどこまでできる?安くキレイになるための常識まとめ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加