アラフォーのお肌の潤い不足を補うフルアクレフの全成分とは?

アラフォーのお肌の潤い不足を補うフルアクレフの全成分とは?

一般的なスキンケア成分では、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドの三つの成分がメインなのですが、これらを使ってみて、なんとなく物足りなさを感じていました。

 

女性の肌にとって、本当に必要なものって何かしら?そんな疑問から、たどり着いたのがフルアクレフだったのです。

 

だから、全成分は私にとって、とっても重要でした。
@プロテオグリカン
A胡蝶蘭成分
Bトレハロース
Cスクワランオイル
Dグリセリン
これらの5つの成分が、私たちのお肌にとってもいいんです!

 

高濃度の美容成分は、ずばりプロテオグリカン。

 

ヒアルロン酸より潤う保湿人気として有名なほど保湿と言えばヒアルロン酸ですが、近年そのヒアルロン酸の1.3倍の保湿効果があると、美容マニアの中では噂になっている成分が、プロテオグリカンなのです。じつは、1970年代には発見されたのですが、抽出が難しくて、以前は1グラム3000万円もした貴重な要素です。

 

皮膚に魅力を与える保湿効果があって、皮膚を包み込む保湿力を実感しました。
プロテオグリカンは、人間の細胞の動きを補助している要素なのですが、年齢とともに減少するので老化していきます。

 

プロテオグリカンは、「細胞出先マトリクス」というむずかしい名前の、細胞のコアを埋めてくれる要素の一つなのです。

 

だから、プロテオグリカンが含まれた美容液を使うと、乾燥によって広がってしまった細胞のコアを満たし、キメを整えて、滑らかなお肌としてくれるんですね。

 

 

次に、胡蝶蘭成分も効果に貢献していて、美肌を維持してくれています。

 

胡蝶蘭は、紫外線などによって、花びらの細胞が損傷を受けるのですが、夜になると、自ら修復再生を繰り返し純白の美しさを1年以上持続すると言われています。その成分機能をフルアクレフに取り入れているから凄いと思います。

 

こんなにもにもの凄い成分が入っているなんて、期待以上。

 

胡蝶蘭には、ポリフェノールの一種であるケルセチンやルチン(ビタミンP)などのエイジングケア効果のある成分が豊富に含まれています。

 

そもそも「皮膚の弾性」が低下してしまうのは、皮膚の弾性を支えているコラーゲンやエラスチンが、年齢や日中に受けた紫外線などの外的関係によって排除・変性してしまう事が原因です。

 

だから、肌のコンディションに働きかけて滑らかに整えることで、皮膚のツヤを保ってくれるのです。

3つのモイストガード処方

また次の成分として、トレハロースでは、肌環境を保護して乾燥を防止してくれます。砂漠の植物に多く含まれており、極度の乾燥でも水分を保持することで注目を集めている成分ですね。40代から減少する皮脂の代わりにトレハロースの薄い膜で肌表面を保護し、その保水力で肌ない分の潤いを逃がさないようにしてくれます。これを、モイストガード処方って言います。

 

スクワランオイル成分は、肌荒れを防止する整肌成分。人の肌の皮脂膜に含まれる成分で、まさに40代女性に不足する成分のひとつです、肌との親和性が高く、べたつかないオイルです。保湿性も高く、乾燥で硬くなった角質層を柔軟にするエモリエント効果があるため、内側から柔らかく、さわり心地はさらりとした、しなやかな肌を作り出してくれます。

 

グリセリン成分は、潤いを逃がさない高保湿成分。高い吸湿性があり、角質層の深くまで浸透する肌なじみのよい成分です。一度捕まえた水分は逃がさない性質があるため、肌の内側で潤いを守り、肌のつややかさを保ってくれるのです。

 

 

そんなフルアクレフをもっと知りたい方は、仕事と子育てと家事でどん底でも肌トラブル無し|フルアクレフの効果 を参考にできると思います。