ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと肌が真っ赤になるって私だけじゃない!?こうすればシミ予防に効果的!

ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと肌が真っ赤になるって私だけじゃない!?こうすればシミ予防に効果的!

効果が高い

 

もともと、ビタミンCには皮脂の過剰な分泌を抑える作用がありますが、最近の化粧品に配合されるビタミンCは、効果が高い「誘導体形式」にしたものが多くあります。

 

ビタミンCは水溶性の成分ですので、水に溶けやすくまた酸化しやすいという特徴があるので、とても不安定です。

 

通常は無色透明ですが時間がたつと黄色くなるのは、そのためです。

 

そのうえ、ビタミンCをそのままを顔に塗りこんだとしても、皮膚に吸収されにくい性質のため、ビタミンC効果がそのまま発揮しにくいという問題があるので、吸収されやすいな「誘導体形式」にして使用するんです。

 

今回は、そんなビタミンC誘導体の特徴やニキビやニキビ跡への効果について紹介します。

 

「誘導体形式」にすることでビタミンC効果をさらに発揮してくれます。

 

ビタミンC誘導体は、メラニン色素(チロシナーゼ)抑制、コラーゲン生成、活性酸素の除去などの働きがあり、美肌の為にはこれは欠かせない成分です。

 

また、黒色メラニン色素を還元(漂白)する作用は、色素沈着を防ぐので美白に効果があります。

 

厚生労働省が許可した成分ですので、医薬部外品の美薬用コスメが有効です。

 

ビタミンC誘導体は【水溶性・油溶性・APPS・APIS】の4種類がありますが、特に、新型ビタミンC誘導体とも呼ばれるアプレシエAPPS(成分名;パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、肌奥へ浸透する性質が強いんですね。

 

他にも、ビタミンCエチルやアスコルビン酸グルコシドなんかが有名ですね。

 

美白作用、抗酸化作用、小ジワを予防する作用が期待できますので、私たちにはうれしいコスメ成分なんです。

 

ただ、 ビタミンC誘導入り体化粧水は、炎症した赤ニキビやニキビ跡の赤みにも効果があるって聞いたことがありますが、ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと顔が真っ赤になる人もいるんです。

 

何故でしょう?

 

何故でしょう?原因は何?

 

その答えを考える時に、次に気にするのがビタミンC誘導体の濃度であることを、忘れずにおいてください。

 

実は、皮脂分泌を抑える作用もあるので、濃度が高いと肌が乾燥する人も多いです。

 

濃度が低い場合は、化粧水のあとに付ける美容液かクリームにもビタミンC誘導体が含まれていても問題ないのですが、濃度が高いと保湿力が弱くなるので、皮膚が弱い人は刺激を受けやすくなるのが使用できるかのポイントで、そんな場合は肌が赤くなってしまうこともあるんです。

 

乾燥するので、ちょっと大人向けブランドの化粧水や乳液の美白成分としてビタミンC誘導体は厳しいかな〜。

 

効果を出すためには高濃度である必要がある(5%くらい)=刺激が強いのですが、肌の状態が乾燥肌の人は、要注意ですね。

 

お化粧成分には、それぞれメリット・デメリットがあるので自分にあったものを使えるのが1番です。

 

例えば、ちょっと大人の方には原液タイプがあります。

 

シミでお悩みの部分に2、3滴の原液を部分使用をするのがおススメです。

 

それでも肌全体に使って赤くなったら、一旦使用を控え、敏感肌用の合う物を探した方がいいと思います。

 

敏感肌の人は高濃度になると刺激等を感じる場合もあるので、その場合も使用を控えましょう。

 

 

 

ビタミンC誘導体で、シミのないあなた本来のきれいなお肌を取り戻しましょう。

 

 

次の記事⇒長期出張中の女子はお肌のために氷を部屋じゅうにばら撒け!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加