ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと肌が真っ赤になるって私だけじゃない!?こうすればシミ予防に効果的!

ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと肌が真っ赤になるって私だけじゃない!?こうすればシミ予防に効果的!

効果が高い

 

最近の化粧品に配合されるビタミンCは、効果が高い「誘導体形式」にしたものがほとんどです。

 

「誘導体形式」にすることでビタミンC効果を発揮してくれます。

 

ビタミンC誘導体は、メラニン色素(チロシナーゼ)抑制、コラーゲン生成、活性酸素の除去などの働きがあり、美肌の為には欠かせない成分です。

 

また、黒色メラニン色素を還元(漂白)する作用は美白に効果があります。

 

厚生労働省が許可した成分ですので、医薬部外品の美薬用コスメが有効です。

 

特に、新型ビタミンC誘導体とも呼ばれるアプレシエAPPS(成分名;パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、肌奥へ浸透する性質が強いんですね。

 

他にも、ビタミンCエチルなんかが有名です。

 

美白作用、抗酸化作用、小ジワを予防する作用が期待できますので、私たちにはうれしいコスメ成分なんです。

 

ただ、ビタミンC誘導体入り化粧水を使うと肌が真っ赤になる人もいるんです。

 

何故でしょう?

 

何故でしょう?

 

実は、皮脂分泌を抑える作用もあるので、濃度が高いと肌が乾燥する人も多いです。

 

保湿力が弱くなるので、皮膚が弱い人は刺激を受けやすく、肌が赤くなってしまう場合もあります。

 

乾燥するので、ちょっと大人向けブランドの化粧水や乳液の美白成分としてビタミンC誘導体は厳しいかな。

 

乾燥肌の人は、要注意です。

 

ちょっと大人の方には原液タイプがあるので、シミでお悩みの部分に2、3滴部分使用をするのをおススメします。

 

肌全体に使って赤くなったら、一旦使用を控え、敏感肌用の合う物を探した方がいいです。

 

ビタミンC誘導体で。シミのないあなた本来のきれいなお肌を取り戻しましょう。

 

次の記事⇒長期出張中の女子はお肌のために氷を部屋じゅうにばら撒け!